腰痛はじっとしているだけでは良くならない

以前勤めていた職場の先輩で、ひどい腰痛に悩まされている人がいました。その先輩は毎月必ず腰痛のために1~2日は欠勤するほど苦しんでいて、傍目に見ていても辛そうでした。

その先輩が「昔はここまでひどくなかったんだけど、そのままにしているうちにひどくなってしまった」と言っていたのを、当時の私はそれほど気にせずに聞き流していたのですが、数年後に自分自身もそれを実感するようになりました。

私も腰痛を持つようになって分かりましたが、腰痛の怖いところは、「しばらくじっとしていればいったん痛みが改善してしまう」ところだと思います。経験がない方には分かりにくいかもしれないですが、このせいで多くの人が根本的な姿勢や生活習慣の悪さを改善しようとしないまま、長い目で見ると腰痛をひどくしてしまいます。そして最終的にはヘルニアなど重い疾患につながっていくのです。

本当に腰痛がひどい時はとにかく安静でも良いかもしれませんが、多少動けるようになったら医療機関を受診して、正しい姿勢の取り方や体の動かし方のアドバイスを受けることが大切だと思います。