クルマの運転中オススメの腰痛防止クッション

毎日クルマを運転すると少なからず腰に負担がかかります。毎日じゃなければ腰を休める時間ができるのでいいですが、毎日クルマの運転が必要であれば腰に負担がかかっています。

クルマを運転中は同じ姿勢を続けなくてはいけません。助手席や後部座席に座っているなら多少身体を動かすこともできますが、運転席だとそういうわけにもいかず、しばらく同じ姿勢を保たなくてはいけません・・・。

それは腰の負担以外ないことです。クルマの振動が腰に対して悪い影響を与えることも関係していますが、クルマの運転には注意したいところです。

腰の負担を減らす腰痛防止クッションは底面が硬い物を選びましょう。底面が硬くないクッションはクルマの座席では使えません。それこそ身体が右に左に動き危険きわまりないのです。

クルマの運転中に腰痛防止クッションを使うなら、安定した形状のクッションでなければいけません。表面は柔らかくて底面が硬いクッションが理想的です。