雪国での雪道走行の洗車の大切さ、

今は東京の首都圏に住んでいますが、実家は北陸の新潟地方で冬季のあいだは特に雪の多い地域に住んでいました。 そんな関係で冬の雪道では走行は今ではスタッドレスが一般的になっています。 そんな関係で雪道を走る車というのは、洗車は常に心がけないといけないんですけど、特に車の下回りが非常に大事です。

雪道のチョット大きな主要道路ですが、雪が降ると大型のトラックが融雪剤や除雪剤などがまかれるのは今では常識となっていて、この融雪の薬剤が車にこびりついてサビの誘発、原因となるのです。 融雪剤というのはは塩化物系の物が多くなっていて、塩化物というのはサビの要因になる物質なのです。

その為に、車全体のシャンプー洗車は勿論ですが、特に車のシャーシー部分や下回り全般の洗車がサビ防止のためにも重要になってくるのです。 ただ、この下回りの洗車というのは個人で行うのには大変な事であり、従って、自動洗車機のあるスタンドへ持ち込んで、洗剤を使った高圧洗浄をお勧めしたいのです。

勿論、洗車後は洗車用具を使って雪のヘバリ付きをできるだけカバーするワックスアップは行いべきです。 いずれにしても、くれぐれも雪国での雪の場合は必ずといっていいほど車の洗車は下回りは忘れないで行うことが大切です。