コーティングを問題なくするための準備

コーティングをする際には、油汚れなどを簡単に落とせるカーシャンプーを利用して全ての汚れを取ることが必要です。もしコーティングをしていて汚れがまだ残っていることに気づいてしまった場合は、いったん中断をして汚れをしっかり水で流してから、もう一度コーティングをするといいです。コーティングする前に車全体をたっぷりの水で洗車をしたことで、施工中に水が垂れてくることがあります。水が何度も垂れてくると施工しにくいので、洗車後には車に水分が残っていないか確認することが肝心です。特にドアに水が残っていることがよくあるので、水分をぞうきんで拭き取ってから何回かドアを開閉して水分を取り除くといいです。車にはいろいろな汚れやゴミが付きやすいのでコーティングをして頑丈な被膜で車を守ることは大切です。車に汚れが付いた時に簡単に洗車をしたい人はガラス系コーティングをすると無難です。ガラスコーティングをすれば汚れを水で楽に流せます