コーティング剤の性能を活かすための工夫

ずっと車に乗り続けていると汚れが付いたりして輝きが失ってくるのでなるべくコーティングをした方がいいです。新車のようなきれいな状態だと下地処理が必要ないと思われがちですが、新車をコーティングする時にも下地処理をするべきです。どんなに大事に乗っていても小さな埃や砂が付いてしまうのできちんと取り除くことが大事です。

 

しっかり下地処理をして汚れを落としてから施工すれば理想的な艶が出ます。車の表面にゴミなどの余計な物が何も付いていない状態でコーティングをすると非常に楽に作業が出来るので素人でも失敗しないで済みます。通販サイトで購入したコーティング剤の性能を活かすためにも付着物を取り除く作業は必須です。かなり長く乗っている車の場合は、ゴミの除去だけでなく小さな傷を消す作業をすることが肝心です。コーティング剤を車に付着させる時には丁寧に塗ることをこころがけるべきです。雑にコーティング剤を塗ってしまうとムラが出来てしまうリスクがあるので注意が必要です。