バイクメンテナンスでのバッテリーチェック

バイクメンテナンスは定期的に行うことが何よりも良いことになるのですが、そのときにバッテリーを確認することは大事なことでもあります。よくセルが始動せずに何度も何度も繰り返されることがありますがバッテリーさえしっかり確認しておけばそのようなことはありません。

バッテリーがもし減ってしまったならそのときはエンジンが始動させにくくなりますのでバイクメンテナンスをされるときは必ずチェックすること、そしてそのとき減ってるようであれば充電させておくというのもいいでしょう。バッテリー充電に関してはそれほど難しいことではありません。充電器を用意して赤と黒のコードを赤ならプラス、黒ならマイナスに接続します。

ある程度の時間を置いて充電完了となりますが、もし逆に接続したならそのときは火花が飛び散りますので注意しておきましょう。またもっと恐ろしい場合には感電ということもありますからバイクメンテナンスのバッテリーチェックは基本を身に着けてから行ってください。自分で行う以外に私はバイクをガラスコーティングをした施工店に定期的にメンテナンスをお願いしています。